嘘をついても大丈夫?

銀行や消費者金融などの金融機関から融資を受ける場合には、必ず審査が行われることになります。それは学生ローンでも同じです。

 

では、アルバイト収入がない学生は、審査に通ることはできないのでしょうか?また審査に通るように収入やプロフィールで嘘をついても問題はないのでしょうか?

 

無収入の学生がお金を借りる際に覚えておきたい知識をご紹介いたします。

 

未成年者とバイトをしていない学生

学生ローンと聞くと、どのような大学生でも利用できるキャッシングサービスを想像してしまうかもしれませんが、現実は誰でも簡単に利用できるというわけではありません。

 

正確には20歳以上という条件が付けられており、未成年者の利用については申し込みをする資格すら与えられないのが現実です。

 

これには裁判によって出された判決が関係しており、未成年者に対して融資をした後、利用者の親が責任能力の無い者に対して行った融資なのだから無効ではないかと訴えたもので、この訴訟でサービスの利用者側が勝利を収めることになりました。

 

この判決はその後の消費者金融業者に対して大きな影響をもたらすことになり、未成年者に融資をしたら不良債権になってしまい、損失が出る可能性が高いということで、現在ではほとんどの業者で年齢の確認のためにも身分証の提示が必要となりました。

 

また、成人していたとしても、アルバイトなどをしておらず収入がゼロである場合、基本的にお金を借りることはできないと考えてよいでしょう。

 

消費者金融業者が提供しているキャッシングサービスは貸金業法が適用されることになり、この法律の中で「総量規制」という制限がかけられています。

 

総量規制とは、年収の1/3以上の金額を融資してはいけないという制限で、例えば年収が300万円ならばその1/3にあたる100万円までしか融資できないことを意味しています。

 

また、50万円を超える融資や他の借金との合計額が100万円を超える場合には収入証明書の提示を求める必要があります。

 

アルバイトをしていなければ収入証明書の発行もできないため、多額のローンを組むことはできないということです。

 

ここまでをまとめると、まずは学生であっても未成年ならば融資をしてもらうことは不可能なこと、また20歳以上であったとしても、多額の融資をしてもらうことは不可能である、ということが分かります。

 

 

嘘をついてもいい?

学生でもしもキャッシングサービスを利用したいのであれば、嘘をついて利用するという方法を考えるかもしれませんが、これはほとんど意味の無い考え方となります。

 

まずは年齢についてですが、こちらは偽証がほとんど不可能です。

 

年齢、名前、成年月日などの情報は法律や制度によってがんじがらめになっているため、年齢を偽るのであればそもそも公文書を偽装する必要があるにも関わらず、それが不可能であると断言しても良いでしょう。

 

車の免許でも戸籍謄本や戸籍抄本などでも年齢を偽ることはできませんので、申請時に電話越しにて口頭で嘘の情報を伝えたり、申請書類に嘘の情報を記したりしてもすぐにばれてしまいます。

 

したがって、キャッシングを利用するにあたり、まずは年齢が20歳を超えていることが絶対条件であると考えておいてください。

 

次に嘘をつくポイントとして考えられるのは、収入についてですが、こちらは嘘を付く可能性が高いかもしれません。

 

前記の通り、消費者金融からの融資の場合には貸金業法によって定められている総量規制の問題が発生することになり、いきなり大金を融資して欲しいと言っても、収入がいくらあるか確認しなければ法律違反を起こしてしまう可能性もあります。

 

50万円以下の融資ならば収入証明書の提示が無くても融資はしてくれることもありますので、収入について聞かれた際に「バイトをしているので年収は100万円くらいです」と言ったとしてもこれを確認されるとは限りません。

 

また、近年増えてきている利用金額50万円未満ならば収入証書不要、というサービスを利用すれば、そもそも嘘をつく必要すら無く借りることが可能となります。

 

大手消費者金融ならば収入証明書が不要であることも少なくありませんので、そういったサービスを探して申請してみることをお勧めします。

 

この他にもお金の使い道について聞かれることがあり、そこで嘘をつくことが考えられますが、キャッシングはそもそも資金の用途が自由なことが売りのサービスでもあるため、業者側も何を言われたとしてもデータのみによって判断することが多く、嘘をついていようがいまいが審査にはほとんど関係ありません。

 

銀行系キャッシング

キャッシングサービスは消費者金融のみが提供しているわけではなく、カードローンと名前を変えて銀行も扱うようになってきています。

 

消費者金融系と銀行系のキャッシングの大きな違いは総量規制の対象となるか否かという点にあり、年収の1/3という縛りの中でしか融資できなかった消費者金融系に対して、銀行系は貸金業法ではなく銀行法が適用されるため総量規制の縛りを受けないことが魅力となっています。

 

つまり銀行系は年収がいくらかは関係無く融資してもらうことが可能であり、アルバイトやパートをしていない主婦、学生などでも利用できる環境が整っています。

 

勿論審査はありますが、嘘をつくというグレーゾーンで冷や汗をかきながら借りずとも、真実のみを伝えて合法的に借りられますので、リスクを背負わなくても良い分、気も楽というものです。

 

また、銀行系キャッシングは消費者金融系と比較すると金利が安いという魅力もあり、低所得もしくは無収入の学生でも安心して、そしてお得に借りることが可能となっています。

 

身内にばれずに利用することも可能ですので、消費者金融系ではなくまずは銀行系のキャッシングの利用を考えてみると良いでしょう。

 

未成年でもキャッシングは可能?

未成年者は基本的にキャッシングを利用することは不可能ですが、1つだけ方法が残されています。それはクレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法です。

 

クレカにはショッピング枠(現金後払いで買い物ができる)とキャッシング枠(現金を融資してもらえる)を設定することができますので、学生でもクレジットカードを作成することができればキャッシングサービスを利用することが可能となります。

 

学生に向けられたクレジットカードもあり、これならば審査も比較的通りやすくなっています。

 

未成年のクレカの作成には親の同意が必須となりますが、例外もあり、既婚者の場合には安定した収入のある配偶者の同意が必要となります。

 

クレジットカードを活用すれば、未成年でも嘘をつくことなく、安心してキャッシングを利用できるのです。

 

キャッシングサービスには銀行系と消費者金融系の2種類に大別することができ、銀行系キャッシングならば嘘をつかなくてもサービスを利用することが可能です。

 

消費者金融系のキャッシングの場合には、アルバイトをして定期的に収入を得られていないと融資を断られることもあります。

 

消費者金融系のサービスを利用するにあたり、嘘をついてアルバイトをしていないにも関わらずしていると言ったとしても、バレるかどうかは五分五分で、融資の金額や利用する業者によってはバレてしまい、断られる可能性もあります。

 

銀行系キャッシングとクレジットカードのキャッシング枠は優秀で、嘘をつく必要もなく融資を受けられる可能性も高いため、まずはこれらの方法を試してみることをお勧めします。