カードローン利用で注意する事

最終的に、カードローンでお金を借りる場合は、いくつか注意しないといけない事があります。

 

申込み条件

まず、基本的な事なんですが、学生の方がカードローンを利用する為には、20歳以上で収入がある事が条件となります。

 

収入とは、アルバイトなどをしていて毎月安定した給料を貰っている方となります。収入がないと、お金を借りても返済する事が出来ませんからね。仕事をしているというのが絶対条件です。

 

では、月の給料は多くないといけないのか?

 

毎月○○円以上の収入が必要といった決まりはありません。法律上、最大でも年収の3分の1までしか借入する事が出来ないようになっているので、仮に月々の給料が5万円の場合、年収が60万円。60万円の3分の1となるので、最大で20万円までなら借入可能となります。
給料の多さよりかは、毎月安定して収入があるのか?といった事が肝心です。

 

どこの学生ローンを利用するか?

学生ローンといっても沢山あるんですが、どこのローン会社を利用すればいいのか?初めての方はちょっと分かりづらいと思います。どこも一緒だと思いますし。

 

だからと言って適当に決めるのは危険です。やはり、中には悪徳業者もあるので、一番は安心して利用できるローン会社を利用する事です。

 

CMなどでよく聞く大手ローン会社や銀行なら安全だと思うんですが、初めて聞くような金融業者の利用は避けた方がいいでしょう。
無金利・いくらでもOK・誰でもOK、なんてうたっている会社は要注意ですよ。

 

必ず、大手のローン会社を利用するようにしましょう。

 

 

いくら借りるか

いざ、カードローンを利用するようになった際に注意するべき点は、いくら借入するかです。まず借りる前に返済プランをしっかりと立てるようにしてください。月々いくら返済して、何回で完済するか。

 

絶対に返済出来るように、しっかりとしたプランを立てる事が重要です。
また、利息がいくらになるのか事前に計算しておくことも大事です。

 

元金×金利÷365×借入日数=利息

 

こちらの計算式で、利息がいくらになるのか計算する事が出来ます。カードローン利用時は、借入前に大まかな利息計算をしておくことが大事です。

 

 

申込み方法

大手のカードローンであれば、24時間いつでもネット上から申し込みする事が可能となっています。わざわざ店舗に足を運ぶ必要もないので、インターネットを利用して申込みするのが便利です。もちろん、スマホからでも申し込み出来ますよ。

 

申込みの流れとしては…

申込フォームから、名前・住所・連絡先・勤務先・年収などを入力⇒審査結果の連絡を待つ⇒審査通過後、必要書類の提出(免許証か保険証の写し)携帯カメラで写真を撮ってメールに添付して送ればOK⇒ローンカードの発行、ATMから借入可能

 

このような流れとなります。基本的に、家族への確認連絡なども無いので、親などに内緒で利用したいといった場合でも安心です。
ただ、返済が遅れた場合などは自宅に連絡が入る事もあるので、遅れないように注意しましょう。

 

学生でも利用可能 カードローン

プロミス プロミスは初めて利用する方は30日間無利息で借りる事が可能です。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

土日祝日の申込みも出来、最短即日融資が可能となっています。

 

≫申込みはこちらから

アコム 初めて利用する方は30日間無利息で利用可能となっています。申込みから審査・契約までもスピーディーとなっているので、急ぎで利用したい方にお勧めです。

土日も利用でき、最短だと1時間ぐらいで借入可能となっています。

 

≫申込みはこちらから

みずほ銀行 みずほ銀行に口座をお持ちの方は、みずほ銀行カードローンを利用するのがおすすめです。Web完結申込みで最短即日融資が可能となっていますよ。また、お持ちのキャッシュカードがそのままローンカードとして利用することが出来ます。

 

≫申込みはこちらから

モビット 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座をお持ちの方はモビットがお勧めです。ネットとメールだけで手続き可能な、Web完結申込みの利用が可能となっています。

 

≫申込みはこちらから

新生銀行カードローン レイク 初めて利用する方は、借入額の5万円までを180日間無利息or借入全額30日間無利息、といった2つの無利息プランからお好きな方を選ぶことが可能となっています。

 

≫申込みはこちらから

千葉銀行 千葉県・東京都・茨城県・埼玉県・横浜市・川崎市にお住いの方が利用可能となっています。

最短だと即日中の融資が可能となっていますよ。

 

≫申込みはこちらから

ダイレクトワン スルガ銀行グループのカードローンです。日本全国のセブン銀行ATMから借入・返済する事が可能となっています。

 

≫申込みはこちらから

 

 

返済プランを立てる

学生ローンを利用する時に最も気を付けなければいけない事は、返済プランをしっかりと立ててから借入するといった事です。月々確実に返済できる金額を把握し、いつまでに完済できるか自身でしっかりとシュミレーションする必要があります。

 

ローン利用時に、一番していけない事は返済の滞納です。返済が遅れる事により、延滞金が発生しますし、延滞が長く続くとブラックリストに載ってしまう可能性もあります。ブラックリストに載ってしまうと、カードローン利用はもちろん、クレジットカードの発行、その他のローン利用などが利用できなくなってしまいます。

 

また、督促状が届く事もあります。こうなれば当然、親にも知られてしまうだろうし、延滞金もや利息も増え続けて大変な思いをするかもしれません。

 

このようにならない為にも、ローン利用前にしっかりと計画性を持って利用するようにしてください。
お金が無いからと、その場しのぎで借りるような事だけは絶対にしないように!!

 

 

いくらまで借りる事が出来るのか?

学生の方がカードローンを利用する場合、いくらまで借りる事が出来るのか?といった点なんですが、こちらは審査内容によって、借入額に違いがあります。

 

個人によって収入に違いもあるので、「学生の場合は○○円」といったような決まりもありません。ただ、学生さんの場合は、100万円・200万円と高額借りる事は難しい気がします。

 

それだけの額を借りれたとしても、収入がそこまで多くないと思うので、返済する事が難しくなりますからね。

 

基本的な目安としては、年収の3分の1までが借入額の最高額と思ったらいいでしょう。アコムやプロミスのような消費者金融業者の場合は、総量規制法で年収の3分の1までしか借りる事が出来ません。

 

銀行カードローンの場合は、総量規制対象外となっているので、もう少し多めに借りれるかもしれないですが、あまり変わらないと思っていた方がいいでしょう。

 

例えば、アルバイトで毎月8万円の給料がある場合、年収にすると96万円になりますよね。96万円の3分の1なので、最大で32万円まで借りれるといった計算になります。

 

ただ、これはあくまで最高借入額の目安であって、実際の借入額は申込みして審査を受けてみない事には分かりません。
いくらまで借りる事が出来るのか気になる場合は、年収の3分の1が最高借入額と考えておくといいですよ。