千葉銀行カードローン

安定感のある銀行といえばメガバンクが有名かもしれません。ですが地方銀行にもまた、親近感や丁寧さを感じられるなど、ならではのメリットが伴います。

 

さらに今回紹介する千葉銀行などの都市部を拠点とする銀行なら、しっかりしていそうなイメージも窺えます。そんな千葉銀行における借り入れは、学生でも利用可能なのでしょうか。

 

千葉銀行カードローンは、銀行系ならではのお得なメリットが多数見られます。借金といえばやはり気になるのが返済の大変さですが、千葉銀行カードローンにはその点負担を感じにくいです。

 

学生が初めて借金するとなると、少し不安も大きいかもしれませんが、千葉銀行カードローンなら、特徴を詳しく知って計画的に活用してみても良いかもしれません。

 

千葉銀行のカードローンについて

千葉銀行カードローンは、その名の通り千葉銀行のカードローンです。ですがだからといって、千葉県民しか利用できないのかといえば決してそうではないのでご安心ください。

 

同カードローンのキャッチコピー「千葉県の方も、そうでない方も」の通り、県外に住む人も利用できます。というのも、ネットが発達した現代ならではの現状といえるでしょう。

 

千葉銀行カードローンはその他多くの金融サービス同様、ウェブ申し込みを受け付けています。そのため、パソコンやスマートフォンがあれば、千葉や千葉銀行を訪れることなく、県外からでも気軽に申し込めるのです。

 

ただ、日本全国誰しもがというわけでもありません。千葉県・東京都・埼玉県・茨城県それぞれの全域と神奈川県の一部のみが利用可能エリアとして挙げられています。ですがこれらは、住まいの所在に関しての条件です。

 

自宅がこれら地域内にあるのであれば、全国どこからでもネット申し込みはできます。所在に関してのみ制限があることを、覚えておいてください。

 

借り入れ可能な限度額については、最大500万円となっています。この額については、消費者金融の相場とも変わらない少し控えめな設定といえるでしょう。

 

ですが、金利についてはさすが銀行系といった印象で、かなり抑え目の設定にされています。金利は年利4.3〜14.8%となっており、法定金利18.0%を大きく下回る良心設定です。

 

3.2%の違いは、借り入れ金利としてかなり大きい存在です。関東の対象地域内で借り入れを検討するなら、選択肢に加えて損はないといえるでしょう。

 

さて、肝心の学生利用に関してですが、こちら借りることは可能です。ただし、利用条件として年齢が20歳以上でなければならないと決められているため、学生は学生でも、大学2回生年齢における誕生日を迎え終えている人と限定されます。

 

20歳以上になっていれば、上記のような千葉銀行カードローンならではのメリットのもと、必要なお金を速やかに工面することができます。

 

とはいえ、20歳になったばかり、成人したばかりの学生ですから、お金の扱いには十分注意するよう心がけてください。頭で分かっていても、ついつい勢いで許容範囲を超えた額まで利用してしまいがちです。

 

お酒を飲む状況が増えてきたり、また同年代の仲間と盛り上がるシーンも多いだけに気をつけるべきです。借金は、怖い存在です。

 

近年の漫画や映画でも多く描かれている通り、人生を破綻させる引き金にもなりかねません。慎重に活用しましょう。

 

学生が千葉銀行カードローンに申し込む際の注意

近年、借り入れ申し込み書類は身分証のみで問題ないという金融サービスが増えてきています。千葉銀行カードローンもまた、原則そのようになっており、収入証明書の準備における手間が省け申し込みやすくなっています。

 

ところが、こと学生の場合は、比較的身分証に合わせて収入証明を求められるケースが少なくないようです。契約は、20歳以上の年齢に加え、安定収入も欠かせないので、収入状況を確認できる書類をかならず準備してください。

 

これら書類の例としては、まず身分証が運転免許証・パスポート・身分証明書・資格証・在留カード・住民基本台帳カードなどです。

 

収入証明については、給与明細や源泉徴収票、確定申告書控えなどが代表的です。学生の多くはアルバイト勤務かと思われますので、もし手元になければ担当者へ相談しましょう。

 

続いて、審査の流れについてです。近年、多くサービスでは、短時間審査や即日融資がおこなわれています。今夜お金が必要、いますぐ欲しい、そんな急を要するシーンにも役立てられるため、アクティブな学生年代としても嬉しく感じられることでしょう。

 

千葉銀行カードローンに関しても、同じく即日融資に期待することはできます。ところが、それはあくまで最短融資が実現した場合です。審査状況によっては申し込み後2営業日以上時間がかかる場合もあります。

 

そのため、千葉銀行カードローン利用時は万が一のことも考え、少し余裕をもって申し込んでおいた方が良いでしょう。

 

もしどうしても即日を希望するなら、当日午前中までに申し込み、正午までに審査結果を受け取ってください。そして千葉銀行の口座を開設します。

 

これにより、千葉銀行カードローンより口座へ借り入れ額が入金されます。100%確実な方法というでもありませんが、即日融資の可能性は高まります。

 

千葉銀行ならではのスーパー教育ローンも選択肢の一つ

千葉銀行には、通常のカードローン以外に学生ローンのような位置づけである「スーパー教育ローン」というものも存在します。その名の通り、学習に励む学生へ向け提供されているローンです。

 

魅力は、とにかく金利が低いことです。千葉銀行カードローンの4.3%〜14.8%でもかなり良心的ですが、スーパー教育ローンともなれば、なんと2.2〜2.4%が年利となります。

 

もし審査に通るようであれば、かなりお得な借り入れが実現できます。加えて、借り入れ限度額は最大3,000万円ともなります。

 

とはいえ、さすがに学生本人の申し込みでここまでの額を期待することはかなり難しいので、いち情報として覚えておいてください。

 

利用条件は「保育園もしくは幼稚園以上の教育機関に入学または在学するご子弟を持つ保護者の方、またはご本人で、以下の全ての条件を満たす個人のお客さま」とされているので、最大額は安定収入を得ている保護者であれば期待できるといったレベルです。

 

また、アルバイトでは安定収入として認められないため、20歳以上の学生で、なおかつ個人事業などで成功していることが求められます。

 

一般的な学生が利用する借り入れとしては、あまり現実的でないかもしれません。ですが条件次第では、理論的に利用不可ともいいきれません。主な用途としては、学費や海外留学、奨学金、自己啓発費用などです。

 

教育に関すること以外で使えないという部分も気をつけておくべきでしょう。また大型融資プランであるため、申し込みから借り入れまでは約2週間かかる仕様という部分も特徴となっています。

 

学生の方にもお勧めのカードローン

千葉銀行カードローンは、銀行系ならではの低金利である上、学生にも利用が可能となっています。20歳を超えている必要はありますが、その条件と安定収入さえあれば、限度額500万円において便利に借り入れできます。

 

また一部の学生に限られますが、さらなる低金利で利用できるスーパー教育ローンという選択肢も検討可能です。借金をすることのリスクもしっかり弁えた上で利用すれば、安全に学生生活が充実へと近づけられます。

 

関東の一部地域に所在を置いていることが必須ではありますが、もし都合に合うようなら、検討してみてはいかがでしょうか。